紳士服の総合専門教室 匠アカデミー
春・秋のオーダースーツの祭典 洋服まつり
  • 組合概要
  • 東京洋服会館営業案内

礼服の種類~燕尾服・タキシード・礼服~

燕尾服

燕尾服

燕尾服を着た紳士燕尾服(えんびふく・英:Tail coat)は男性の夜の最上級正礼服の一つ。 白い蝶ネクタイを用いるため、ホワイト・タイとも呼ばれる。 すそが燕の尾のようなのでそう呼ばれた。 公式の晩餐会をはじめ、格調高い結婚式や披露宴、それに準じる舞踏会・音楽会・着席型のパーティなどで使われる。オーケストラ等の指揮者、演奏者が着用するほか、社交ダンス大会などで使われることも多い。 19世紀はじめには日常着であったが形式昇格が起こり礼装化した。 明治時代の鹿鳴館が華やかな頃は、洋装は買うものではなく借りるものであった。 近年では歴史的な服装となっており、タキシードに活躍の場を奪われつつある。 すそが割れているのは、乗馬の際に鞍の上でもたつかないためであり、今でも馬場馬術の上級競技では、燕尾服とトップハット(シルクハット)の着用が規定づけられている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

付属品

次に書いたものは、燕尾服を着る時に使われるものである。 19世紀後半に確立したこの着装法は今日に至っても根強く支持されている。

シャツ シャツはイカ胸シャツのウィングカラーで前立てはスタッドで留めて使用する
タイ 白ピケの蝶タイ
ウェストコート 襟付きのダブルもしくはシングルの白ピケ
カフリンクス 白蝶貝を使ったもの
手袋 白と決まっている
サスペンダー 白と決まっている。ベルトを使うことは許されない
スラックス 側章は2本
ポケットチーフ 白のスリーピーク(3つ山ができるよう折り方)にたたんで胸ポケットに入れる
帽子 使うときはシルクハットを使用