紳士服の総合専門教室 匠アカデミー
春・秋のオーダースーツの祭典 洋服まつり
  • 組合概要
  • 東京洋服会館営業案内

礼服の種類~燕尾服・タキシード・礼服~

礼服(れいふく)

男性の礼服

正礼装
燕尾服
(夜間・稀に昼間)
昼間においても、特別な正儀には燕尾服も着用する。  勲章を佩用できるのは原則として燕尾服のみで、等級の低い勲章のみ燕尾服以外の服にも着用が認められている。  燕尾服以外には大綬章は着用できない(勲章等着用規程(昭和39年総理府告示第16号)第3条)。  また服装において「ホワイトタイ」と言う場合はこれを指すが、日本の一般市民においてここまでの礼装も求められる機会は無く、あったとしても結婚式・披露宴くらいである。  注)「ホワイトタイ」とは「白いネクタイ」という意味ではなく、服装全体の名である。一般的な慶事に参列するブラックスーツなど+白ネクタイでは無い。
タキシード
(夜間のみ)
燕尾服がほとんど着られなくなり、宮中行事以外の正礼装はタキシードが用いられる事が多くなった。  ドレスコードが「ブラックタイ」とされる場合は必ずタキシードを着用する。  注)「ブラックタイ」も同じく「黒いネクタイ」という意味ではなく、服装全体の名である。  一般的な弔事に参列するブラックスーツなど+黒ネクタイでは無い。
紋付羽織袴 本来は和装の最礼装ではないが明治期以降の太政官令及び現在の勲章等着用規程において第一礼装として認められていると同時に、日本人が諸外国において礼を受ける場合においても民族衣装による第一礼装として認められている。  なお特に欧州において和装はオリエンタリズムを想起させ評価が高い。
フロックコート 大勲位菊花章若しくは大綬章の副章、重光章(2等勲章)以下の正章若しくは文化勲章、褒章又は記章を着用する場合には着用が認められる。
モーニングコート
(昼間のみ)
勲章の着用についてはフロックコートに同じ。  各民族の正装 - 例:日本の場合は和服
略礼装
ダークスーツ 西洋での略礼服はダークスーツを指す。チャコールグレイや紺の上質な生地のもの。  スリーピースが望ましく、ズボンの裾はシングル。共地のベストの代わりにグレイ系のベストを着用してもよい。  慶事の場合、ネクタイはシルバーグレイ系が一般的だが、略礼装自体がルールがほとんど無く、ケースバイケースである。
ブレザースタイル 特に夜のパーティー等では、スカーフ等を使ったブレザースタイルも許容される。

女性の礼服

正礼装
イブニングドレス
(ローブ・デコルテ)
燕尾服に相当する。
アフタヌーンドレス モーニングコートからダークスーツに相当する。
留袖 既婚者は黒留袖、未婚者は色留袖を着用する。
準礼装
ディナードレス タキシードに相当する。
振袖 未婚者の礼装として使用される。
留袖 既婚者は黒留袖、未婚者は色留袖を着用する。
略礼装
デイタイムドレス 平服に相当する。

平服と表記された場合
準礼装か略礼装で出席
平服とは「正礼装を用いない」程度の意味。実際のドレスコードは非常に曖昧で式によるので確認が必要だが、準礼装で出席すれば間違いはない。