紳士服の総合専門教室 匠アカデミー
春・秋のオーダースーツの祭典 洋服まつり
  • 組合概要
  • 東京洋服会館営業案内

用語集

穴かがり 穴かがりボタン穴の縁取りをする工程。職人が最も針技を集中する作業。
綾織り 生地の目が斜めになっている織り方の総称。
イカ胸シャツ 胸当てのついたシャツ。燕尾服などの正礼装に着用する。
ウイングカラー 襟先が前に折れたもの。フォーマルスーツ用。
ウーステッド 梳毛のこと。
ウーレン 紡毛のこと。
ウエスマン ウエストバンドのなまったもの。ズボンの一番上の部分。
ウェルトシーム ステッチの一種。幅7ミリ程度のシングルステッチ。
ウェルトポケット 箱ポケットのこと。
後ろ身頃 胴体の背中部分。
AMFステッチ ハンドステッチミシンを使った手縫い風の縫い目のこと。
オペラパンプス オペラ観劇や音楽会・舞踏会・晩餐会用の礼装靴として誕生した。
カウス(カフス) ドレスシャツの袖口。
肩入れ 後ろ身頃と前身頃の肩の部分を縫い合わせるときに、くせを取ったりいせ込んで体型に合わせること。
カラー 襟の上部分。
からげ縫い からげ縫い地襟をつける時の縫い方。上襟の微妙な強弱を表現。
閂(かんぬき)止め 閂(かんぬき)止めポケット口や着用の時に力の加わるところを、穴糸などを用いて丈夫に補強すること。
起毛 繊維の表面をケバ立てる加工のこと。
クリース ズボンの縦の折り目。センタープリーツ。 。
毛芯 羊毛や馬の尻尾の毛などで織られた芯地。ジャケットのラペルなどに使われる。
ゴージライン カラーとラペルを縫い合わせた部分。
地襟 テーラードカラーなどの裏襟のこと。
縮絨 布地に水分を含ませて縮める加工のこと。
芯地 表地と裏地の間に入っている布地。
芯据え 前身頃の表地を芯地に馴染ませるため、しつけ糸で留めていくこと。
杉綾織り ヘリンボーン。
ステッチ 縫い方や縫い目のこと。
ストレートチップ つま先に1本の切り替え線がある紐靴。
接着芯 熱を加えて接着する芯地のこと。
背抜き 背中の裏地がないこと。
センタープリーツ ズボンの縦の折り目。クリース。
総裏 袖、背中、前立てなど全てに裏地がついたもの。
梳毛糸 長めの原料を梳いたもの。ウーステッド。
ダーツ つまみ縫い。
ダブルブレステッド 上着の前合わせが2列ボタンになってるもの。
玉縁ポケット 縁取りポケットの総称。
ちどりがけ縫い ちどりがけ縫い布地の裁目など、ほつれやすい箇所に行う工程。
つまみ縫い 線に沿って山折にし、その山の下を浅く折りたたんで縫うこと。
ディトーズ 同一生地で作られているツーピースの総称。
手かんぬき 消耗が激しい部分に施す、手縫い補強。
ドロップショルダー ドロップショルダー肩先が普通の肩線より落ちているショルダーライン。
ドロップ寸 胸囲と胴回りの差のこと。
ノッチドラペル ノッチドラペル襟の形の一種。下襟が菱形になっている。
箱ポケット ポケット口に口布(ふち飾り)をつけたもの。
ハ刺し ハ刺しラペルや地襟に施すハの字型の刺し縫い。3センチ四方に30針以上縫います。
ハンドステッチ ハンドステッチ縫い目がわかるように手縫いで入れるもの。縫い目が分からないようにするものは星縫いと呼ばれます。
ピークドラペル ピークドラペル襟の形の一種。下襟の先が上を向いている。
ビスポケット ズボンの後ろポケットのこと。
平織り 縦糸、横糸が90度に交差する布地の織り方。
フィッシュマウスラペル 襟の形の一種。魚の口の形。
フラップポケット フラップポケットフタつきのポケットのこと。
フラワーホール 花を差したという由来から名づけられた。別名ラペルホール。
プリーツ(タック) ズボンに入れる折り目。
フロントダーツ 前身頃の胸のあたりから腰ポケットまで、縦に入れられたつまみ縫い。
ベント 背中の裾に入る切れ目。中央に入ったものがセンターベント、横に入ったものがサイドベンツ、ベントのないものはノーベント。
紡毛糸 短い原料を紡いだもの。ウーレン。
前身頃 胴体の前面部分。
まつり縫い まつり縫い素材特性に見合ったゆとり量を入れて縫う工程。場所により付きまつり、端(はな)まつり、奥まつりがあります。
ラペル 襟の下部分。
ラペルベスト 襟つきのベスト。
レギュラーカラー 一般的な襟の形。